<   2008年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 05日

枯渇



地球温暖化の原因は人間が作り出す二酸化炭素だと誰が言い出したか分からんが、世の中は決め付けている。でもって、その二酸化炭素を減らすには、人間の活動を抑制しなければならないらしい。行動の抑制とはどんな事だ。例えば休日は家でゆっくりせよ。その時はエアコンは厳禁だ、扇風機にせよ。テレビは付けずに、ぼーっと空でも眺めよ。カメラはもちろんデジタルにせよ。過日D700とやらが発表されたが、D200のどこに文句があるんだ。ほんの2年前はやんやんやの大喝采ではなかったのか?カメラは確かに進化しているが、果たして人間はたかが2年でどれだけ進化したものか。俺なんて前進どころか後退してる。さてさて話を元に戻すと、カメラだって、レンズだって、フラッシュだって、みんなみんな辿っていけば石油だ。撮影の為に出向くにしてもガソリン使う。今こんなくだらん偽言を書くのも資源の消費。考えてみると世の中のくだらん行動はすべて最終的には資源の消費となり、二酸化炭素の排出に繋がっている。で、今その二酸化炭素をどうにかして削減しなければならないらしい。さもないと、さもないと、地球が滅びてもう写真を撮るどころではなくなるらしい。そんな事考えていると、ふっともっともっと恐ろしい思いが脳裏を過ぎった。昨今の次々と高性能化するデジタルカメラの普及には、それはそれは全世界のフォトグラファー全員驚愕してしまう、それは恐ろしい結末が待っていることに。デジタルカメラはフィルムのように際限なくシャッターを切れる(まあ、メカ的に上限があるが)。所かまわず何時だってどこだって、心置きなくシャッターを切ってその撮った写真を確認できる。フィルム時代はそうは行かなかっただろう。高価なリバーサルフィルムをカメラに装填したならば丹念に丹念に構図、絞り、ピントを決め、精魂込めてシャッターを切っていたはずだ。奮発してフィルム10本も使えば、あっという間に懐はクールになっていた。しかし、デジタルはもういつだって連射連射。「今日は2000枚しか撮れなかったわ」。おいおい2000枚だと、24枚フィルム換算で約80本分1本700円としたら約56000円、そして現像代とプリント代まで合わせると一体いくらになるんだ。しかしデジタルカメラで日々夢中で連射連射している人々。それは一体何を意味しているのかというと、写真にとってもっとも重要な、限りある貴重な資源を無駄にしているのだ。その大切な資源とは一体なんぞやと言うと、それは「構図資源」だ。構図は無限にある時代はカメラのデジタル化で終わってしまったのだ。フィルムで1年分かかっていたシャッター回数も、デジタルで下手をすれば1日でクリアしてしまう。連射数だってどんどん増加し、8コマ/秒なんぞとんでもない回数も撮れる。世界の人々がそれだけの写真を無駄に撮りまくっていたらどうなる。もう撮るものがなくなってしまうではないか。構図の枯渇だ。しかもネット世界で構図を公開する環境も整っている。誰かがすばらしい1枚の写真を公開すればもうそれでおしまいなのだ。後から似た写真を撮っても「ああ、あれはね~あそこのあの人が撮った写真の真似じゃん」と」揶揄されるだけだ。頼む。次々に新機種を出すのもいいが、メーカーも構図資源の枯渇の問題を少しは考えて欲しい。だから、これから出す新しいカメラは100枚までとか上限を設けてくれ。100枚撮ったら、はいおしまい。そうすれば中古カメラ屋さんで「大特価あと3枚も残ってすばり1000円」なんて商売が始まるであろう。1枚1枚精魂込めて丹念にシャッターを切る人が増え、果たしてどんな写真が生まれるか。非常に楽しみだなんて考えて見て、どうしてデジカメは空シャッターが切れないんだろうと今、気がついた。云。
[PR]

by ilove-dart | 2008-07-05 23:16 | こだわり